老後の為にお金貯めるだけより、絶対やったほうが良い運用方法

資産運用
Sponsored Links

どうもー。おはよう、こんにちは、こんばんは。
かきまる(@kakimarusan)です。

あなたは、資産運用と聞くと、何を思い浮かべますか?

けっこう人によって思い浮かぶのは千差万別なのですが、

本記事では、

現役世代で老後の為に貯金はしておこうと言う人ほど、絶対やったほうが良い資産運用について書いております。

世の中の資産運用で「絶対」というのは基本ないのですが、いったん読んでみてください。

できるだけ難しい言葉なしにシンプルに書いてまとめます。


※なお、別記事で、貯金をするための口座の管理の仕方について書いていますので、こちらも参考にしてください。

結論:入れる人はやったほうが良い確定拠出年金

はい、さっそく結論からいきますが、

それは、確定拠出年金になります。

え、年金?ってなるかもですが、
こちらは60歳以上にしか受け取れないという特性上、年金という名前がついていますが、
基本的には自分自身で運用ファンドを選んで運用していく立派な投資になります。

なぜ、絶対やったほうが良いかと言うと、節税で確実に得をするからです。

なかなか確実に得をするという金額商品はないですが、
これは運用ファンドの商品によっては、元本保証で節税効果だけ得られるリスクなしの商品もあります。

そもそも個人型確定拠出年金(ideco)とは

確定拠出年金とは、簡単にいうと、

  1. 60歳以降に下ろすことができる積み立て貯金制度

  2. 年金の運用を自分で選んで。運用成績によって貰える年金の額は変わる

という制度です。

年金や金融商品や投資と聞くと、
難しいということで敬遠してしまう人も居ますが、
確定拠出年金に関しては、上記の2つがポイントです。

この制度が実は、大変お得になっています。

なぜ確定拠出年金idecoができたのかの背景

ちなみにですが、確定拠出年金が数年前からできた理由ですが、
政府が、国が運用する公的年金だけでは近い将来苦しくなるとなったからです。

そのため、ある程度、いや、なるべく自分で老後に向けて運用してもらいたいという意図があります。

後で挙げますが、確定拠出年金は国がメリットを大きく設定しています。

ここまでメリットを作るということは、おそらく、

「資産運用を身近なこととしてやってくださいね。制度は準備したので。」

というメッセージなので、しっかり向き合いましょう。

これからの時代は、老後にむけて自分で考え、自分で何に投資していくかを考えないといけないということです。

個人型確定拠出年金(ideco)のメリット

メリットはまずシンプルにまとめると下記の通りです。

  1. 年金の掛け金が、所得税や住民税の控除が受けられる!

  2. 通常の運用と違って、利益が出ても非課税!

これらについて、下に書いていきます。

掛け金が、所得税や住民税の控除が受けられる

確定拠出年金(ideco)への積み立てる掛け金が、全額所得控除の対象(上限金額あり)となり所得税と住民税が減ります。

どれくらい減るかは、年収や掛け金に応じて違うのですが

例を挙げると、
会社員の場合、上限が毎月23,000円(年間27万6,000円)が掛け金として、

そうするとこの金額分にかかるはずだった税金をざっくり20%とすると、55,200円も節税になります。

楽天証券でもわかりやすい絵があったので借ります。
下記のようになっています。

税額控除も積み上げるとこれだけ大きな金額に。

通常の運用と違って、利益が出ても非課税

通常、株式投資をすると、利益の約20%が税金で引かれるのはご存知ですか?

せっかく運用して増えたと思った利益が税金で取られるのは嫌ですよね?

その点で言うと、確定拠出年金だと、儲かった分に対して税金がかからないんです。

こちらも楽天証券でこのような絵あったので借ります。

こちらの方がイメージとしてはわかりやすいかな?
簡単に作りました。

個人型確定拠出年金(ideco)のデメリット

上の方で、メリットを書いたので、デメリットも挙げます。

基本的には、下記の2点です。

  1. 60歳を過ぎるまでお金をおろせない

  2. 商品ラインナップが通常の投資信託と比較して少ない

ただし、このデメリットをどう捉えるかですが、

老後の為のお金を貯蓄するなら、結局は優遇されている確定拠出年金はやったほうが良いと思います。

なお、60歳を過ぎて受け取る時に所得税がかかるので税金払うのが先送りなだけだ、という意見も見ますが

優遇措置がありますし、正直65歳時点などは所得は減っているでしょうから、そこはメリットと比較すると気にしないほうが良いと思います。

下記のようになっていますが、
確定拠出年金(ideco)には一定額の非課税という優遇措置があります。

こちらも楽天証券から借りた絵です。

まとめ

本記事では、確定拠出年金というのをポイントだけ絞って書きました。

金融商品って難しく書くとどこまでも難しく書けるのですが、できるだけポイントを絞ってシンプルにしたつもりです。

その中で言いたいことは、

確定拠出年金は優遇されているから
老後の為にどうせ貯金するんなら上手く活用したほうが良いよ!

ということです。

税金取られるだけよりも、その分使える運用に回るので良いと思います!

終わり〜


※なお、別記事で、貯金をするための口座の管理の仕方について書いていますので、こちらも参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました