【実体験】ふるさと納税分が税額控除されていなかった話

お金のこと
Sponsored Links

どうもー。かきまる(@kakimarusan)です。
いきなりですが、実は前に私がこのようなツイートをしたんですよ。

少し前に、あれ?税金の額が怪しいぞ?って思ったんですね。

で今日は、その怪しいと思った結果が出たので、経緯報告を。

会社から受け取る税額決定通知書を見ておかしいと思った

実はこのブログで以前、住民税決定通知書を取り扱った記事を書きまして。
こちらですね。

私の年収をそのままわかることになるのですが、まあ影響はないだろうと出しました笑
それよりも、30代前半の男性のリアルをわかってもらえるかなーと。
なので、31歳のリアルな年収も知りたい方は見てみてください(宣伝)笑

まあ、そんなことがあったので、住民税決定通知書を見ていると

あれ?おかしい。
この⑤の部分がふるさと納税分が入るはずなのに、
なぜ1,000円と1,500円だけなんだ?
となり、気づきました。

いやーブログやってなかったら絶対ちゃんと見てなくて気づかなかったから
ブログやっててバンザイ!

1,000円と1,500円は基本的に控除あるので、この項目でそれだけしか控除されていない人は、「寄付金控除がされてない」と疑ったほうが良いです。

お問い合わせの結果、住民税から寄付金控除されていないことが確定

ここからは、経緯を書いていきます。

まずは税務署に電話かけてみた

はい、そこで気づいたので、
私は最初に税務署に電話してみました。(確定申告って税務署に出すので)

正確には、税務署のコールセンターに繋がりました。

でいろいろ話したところ、

確かに寄付金控除がされていないように思いますね。

ふるさと納税の申告を受けた後の住民税の決定は区役所ですので、区役所の課税課に指摘してください。

と言われました。

なお、全然嫌な感じとかなく、丁寧な対応でしたよ。

区役所に直接行って、お問い合わせの内容と経緯を説明

で、どうにか仕事の都合をつけて区役所に行ってきました。
住民税決定通知書と確定申告控えを持っていきました。

まず伝えたのは簡潔に言うと下記の点です。

  1. 2018年にふるさと納税した
  2. 確定申告した(2019/3月中旬頃)
  3. 4月の中旬に税務署からは還付金がきた(銀行振り込み)
  4. ただ、6月末に受け取った税額決定通知書だとふるさと納税分が控除されていないように見える

なお、3.にある還付金は、確定申告の控えの↓に当たる場所で

6,874円が還付金

楽天銀行にセタガヤゼイムショから振り込まれています。

4/11に世田谷税務署から振り込みあり

ふるさと納税の控除がされていない経緯の詳細

さて、区役所で住民税決定通知書の⑤の部分に、
ふるさと納税分の控除が入るはずだがされていないように見えるので、
確認をお願いしますという形で伝えました。

そして、確定申告の控えを出して、この部分で寄付金控除の申請はしていますと伝えました。

小さいですが、70,000円と入力されます。

で、↑でも伝えたように還付金は貰っていることも伝えて、
還付金はきているので処理は通っていると思うのですが、と伝えました。

そうすると、担当の人が奥に行って確認をしに行きました。

区役所側でも寄付金控除がされていないことを確認

奥から戻ってきた担当者さん。

ご指摘のとおり、寄付金の控除がされていないようです。

税務署側から回ってきた書類に、区役所側で処理する2枚目が入っていなかったようです。

確定申告の書類ですが、ちゃんと2枚とも入れましたか?

あと、寄付先自治体から貰った寄付証明書も入れました?

おお!?どういうことかと思ったら、
なんと、税務署側から回ってきた申告書のうち2枚目がなかったのこと。

処理進められなかったって、、、

還付金はこの通り銀行に振り込まれているのですが。。。

いえ、実は、1枚目は税務署側が還付金を処理するために使うもので、役所の課税課で使うものは2枚目を見て控除額入れていくんです。

おお。なんか良くわからないが、2枚目がないと区役所の課税課では進められないらしい。

ほう~。なるほど。

今回知った、ふるさと納税の確定申告の税務署と区役所の役割

税務署は、還付金。
区役所は、住民税の決定の為に控除額管理。

で、それを確定申告のそれぞれの書類1と書類2の2枚で処理を進めていくとのこと。

まとめると下記のような感じ。

ちなみに、確定申告の書類はこの2枚です。

ふるさと納税分が控除されてないことがわかって、今後のステップ

はい。まあこれで、モヤモヤしていた、ふるさと納税分の控除がされていないことが正式に判明しました。

ただ、判明しただけだと、私が多く住民税払うことに変わりはないので、修正してもらわないといけません。

で、今後はどのような動きになるんですか?

はい、そうですね。

税務署側に確認をしにいかないといけないので~・・・

ここで要領を得ないので、ちょっとイラッとしてしまいました。
公務員って現状把握はできたとしてネクストステップを説明するの下手なのかな。。。
たぶん、いつできる/できないを言うとクレーマーに当たった時に大変なんでそうなってしまったんだろう。

結局、まとめるとこんな感じ。

黄色が上手く行った場合、青は書類見つからずめんどくさい場合

ということで、最大2ヶ月くらい私は何もやることがなくなりました。
正直、2枚目がないって言ってる時点で良くわからんのだが、
本当に寄付証明書も残っているのか心配です。。。

まとめ

ということで、私はいろいろトラブルに巻き込まれましたが
結論、ふるさと納税した人、ちゃんと控除されているか確認したほうが良いよ!

過去には、複数の自治体でやっぱりミスが発覚しているから、自分でもちゃんとチェックしてね。自分でチェックすることが大事!
※税理士とか雇っているなら税理士さんにさせる方がベストだと思います。

とりあえず、税金を7-10万円近く多く払うことになってしまいそうだったので、ほんとに気づいて良かったです。。。

終わり〜

タイトルとURLをコピーしました