テレビ代わりに使う”超短焦点”プロジェクターのおすすめ機種6つ

家電/ガジェット
Sponsored Links

どうもー。おはこんにちばんはー。
かきまる(@kakimarusan)です。

前の記事で、
プロジェクターをテレビ代わりにする時の
考え方のポイントをまとめたのですが、

今回はそれを受けて
超短焦点プロジェクターのおすすめを挙げていきたいと思います。

超短焦点プロジェクターとは

超短焦点プロジェクターとは、映し出す壁やスクリーンとの距離が非常に近くても大画面表示を可能にしたプロジェクターです。

通常のプロジェクターですとスクリーンの距離までが2m~3m程度話して表示することが普通です。

オフィスなんかをイメージしてもらえると、スクリーンまで距離を取っているプロジェクターが多いのがわかると思います。

超短焦点プロジェクターは、数cm〜数十cmで100インチなどのスクリーン表示を実現しております。

超短焦点プロジェクターのメリット

メリットとしては、下記のようなことがあります。

  • 壁から近いので人の影が入り込むことがない
  • 部屋がスタイリッシュになる
  • 小さい部屋でも大画面表示が可能になる

おそらく検討している人の多くは3番目の「大画面表示」というところがきっかけになる感じだと思います。

ただ、そこがやはり大きなメリットでして、数値で表せられる以上に大画面というのは映像の視聴体験を変えます。

超短焦点プロジェクターのデメリット

逆に超短焦点プロジェクターのデメリットは
下記のようなことがあります。

  • 価格が高くなる
  • 少しの歪みが大きくなる場合がある

価格が高いというのは、いわゆる距離を必要とするプロジェクターと比較して高くなりますということです。

それでも、高価格帯ラインのテレビシリーズよりは1インチあたりの単価は安くなる方が多いと思います。

家で映画などを観るためのプロジェクターの選び方

プロジェクターは、ビジネス用途とホーム用途で選び方が違います。

ビジネス用途だと、映像のキレイさというのはあまり意識されません。パワポの資料が見れる感じで十分だからです。

それと比較していわゆるホーム用途のホームプロジェクターは、映画などの動きの多い映像を観るための機能・仕様が充実しております。

その点を意識すると、下記のようなことを注意して選んだほうが良いです。

  • 明るさは最低でも1,500ルーメン以上
  • 解像度は最低でもフルHD(1920×1080)以上
  • 超短焦点モデルがおすすめ
  • コントラスト比は10,000:1以上

細かいところは、下記の記事に記載しております。

おすすめの超短焦点モデルのプロジェクター機種

超短焦点に絞っているので比較的値段は張りますが、これなら部屋をすっきりさせることができます。

更に日本は比較的小さい家が多いですがそういう狭い家でも適しています。

一人暮らしの大きくない部屋でも設置が楽です。

ここから5つ+1つ、おすすめを挙げていきます。

【Optoma】CinemaX P1

こちらの機種の特徴がこちら。

  • 5.7インチで85型、10.1インチで100型、14.5インチで120型表示
  • 3,000ルーメンの明るさ
  • 4K解像度
  • 1,500,000対1のコンストラスト比
  • 価格は3,299ドルほど

私が今一番気になっているのがこちら。

プロジェクターで有名なメーカーのOptomaさんが2019年1月に発表し、2019年10月から発売される予定の製品です。

焦点距離で言うと、後に挙げるLG製品の方が凄いのですが値段が倍くらい違います。

ただ、それでも壁から5.7インチ(約15cm)話すと85インチということで、普段使いとしてきっと満足することでしょう。

明るさも3,000ルーメンと十分の明るさも備えています。

注意

まだこの製品はアメリカでしか販売していないようです。

ちなみに、80インチのスクリーンだと、
40インチを4つ並べたような形の大きさだよ。

【LG】HU85LA

こちらはLGの機種です。

  • 2.2インチで90型、7.2インチで120型の表示
  • 2,700ルーメンの明るさ
  • 4K解像度
  • 2,000,000対1のコンストラスト比
  • 価格は5,999ドルほど

スタイリッシュなデザインで、私が最初一番に興味を持ったのがこちら。

プロジェクター以外でも有名な総合家電メーカーのLGの商品です。

驚異の、焦点距離2.2インチ(約5.6cm)の至近距離でもそこから90インチを映し出します。

明るさも2,700ルーメンありコントラスト比も2,000,000:1と明暗のはっきりとした映像が実現できます。

またLGのこの製品はTruMotionという技術で、ビデオのフレームの間にフレーム補完することで滑らかな映像を表現します。

フレーム補完すると視聴者には何が良いかと言うと、動きの激しいスポーツ観戦などはコマ数が多い方がより滑らかな映像となります。

ただ、、、お値段がなんと約6,000ドルということで、、、ここがネックとなりそうです。

製品発表のニュースを見たときは絶対これだ!と思ったのですが、値段で私の気分が下がりました。。。

が、値段以外は本当に良いと思います。

【Epson】EH-LS500

続いてはエプソンの機種です。

  • 100型-120型を表示(焦点距離は未発表)
  • (情報更新)40cmで65型、62cmで100型
  • 4,000ルーメンの明るさ
  • 4K解像度
  • 2,500,000対1のコンストラスト比
  • 価格は3,000ドルほど

こちらは先日、2019年の9月ドイツのベルリンで行われた「IFA2019」というイベントでEpsonから発表された製品です。

超短焦点モデルのホームシアターのエントリーモデルとしているそうですがスペックや価格としては非常に魅力的です。

また、HDMI端子が3基あるので家庭で使いやすそうです。接続できる機器が増えても大丈夫ですね。

2019年の10月に発売予定です。

(上の特徴の部分、アップデートしました)
今のところ、超短焦点モデルと言っていますが、どの程度の距離で100インチを出せるのか不明なので、確認できたらアップデートします。

これで焦点距離が発表されていないのですが
10-20cm程度で100インチ表示だとこれが買いかなと思います。

アップデートありました。

焦点距離は62cmで100インチと正直そこまで近くなかったので壁際に置くのは厳しそうです。

小さめの部屋でも置けるということでシアタールームなどにはアリだと思います。

【Optoma】ZH400UST

こちらはOptomaからの機種です。

  • 31センチで100型
  • 4,000ルーメンの明るさ
  • フルHD解像度
  • 100,000対1のコンストラスト比
  • 価格は2,200ドルほど

まず、こちらの製品は4Kではありません。

ただ、Optomaから2018年6月から発売された製品で、値段のバランスも良くなっているのでご紹介。

明るさが特徴的で、明るい部屋でもしっかりと映像を観ることができるでしょう。

壁から31センチ離すことで100インチの大画面を表示することができます。

解像度と、焦点距離が問題ないなら昼でも使える明るさが魅力です。

その他、レーザー光源での素早い起動も魅力です。

普通のプロジェクターに比べると全然焦点距離近いんだけど、今回紹介した他の機種と比較すると少しだけ遠く感じるね。

【LG】HF85LS

こちらもLGからの製品です。

  • 8センチで90型、20cmで120型の表示
  • 1,500ルーメンの明るさ
  • フルHD解像度
  • 100,000対1のコンストラスト比
  • 価格は1,700ドルほど

こちらも4K製品ではないです。

LGから2019年6月に発売。
その前の製品からマイナーアップデートのようです。

超短焦点モデルではあるのですが
4Kではなかったりするので価格がぐっと抑えられています。

明るさも1,500ルーメンと
今回紹介した中では比較的控えめなのですが、
太陽光が凄くない限り、問題なく観ることはできると思います。

その他Bluetoothでの接続なども対応しているので
ワイヤレススピーカーにも繋げられます。

小型で手を出しやすい価格ながら

ホームプロジェクターとして、最低限の機能を備え、

LGの技術が詰め込まれた良い製品だと思います。

おまけ:【DELL】S718QL

PCメーカーで有名なDELLの製品です。

  • 4インチで100型、9インチで130型の表示
  • 5,000ルーメンの明るさ
  • 4K解像度
  • 100,000対1のコンストラスト比
  • 価格は3,999ドルほど

非常に高スペックで、焦点距離と画面サイズは
4インチ(約10センチ)で100型の映像表示と申し分なしです。

また明るさも5,000ルーメンと
明るい部屋でも非常に十分な明るさで描写してくれます。

ただ、デザインは無骨な感じで、Dellだなーって感じがしますね。

2018年発売の製品で、物凄いスペックなのですが、どちらかと言うとメインは法人向けで売っているように、ビジネス向けという意味合いが強いようです。

他のホームプロジェクターよりもコントラスト比が低いので、明暗の差が少ない感じになります。

まとめ

超短焦点プロジェクターのおすすめを6つ挙げました。

そのうちでも4K解像度は4つで、フルHDは2つ。

4Kは少し高いではあるのですが、テレビも高いですし、これからは4Kのコンテンツも増えるのである意味買い時かなと。

フルHDでもブルーレイの映像はカバーできるので4Kプロジェクターは高いという人は、フルHDプロジェクターを検討したほうが良いと思います。

上でも述べたように、映像のキレイさよりも表示スクリーンの大きさという点のほうが視聴体験は大きく変えると思います。

私はこの2019年のうちに買おうと思っております。

ぜひ皆さん検討してみてください。

終わり〜

タイトルとURLをコピーしました