【アナリティクスだけでは不十分】Googleサーチコンソールの使い方/活用法

ブログのこと
Sponsored Links

どうもー。
かきまる(@kakimarusan)です。

本記事では、自分でブログやウェブサイトを持った時にやった方が良いことのうちの一つ。

Googleサーチコンソールについての紹介です。

まずはコンテンツ(記事数)を増やす必要ありますが、数十記事書いたら間違いなく必須になります。

Googleサーチコンソールがどういったものか、また、どのように活用していったら良いか参考になればと思います。

Googleサーチコンソールが必要になる理由

自分のブログやWebサイトを持ち始めると、やはりどうしてもアクセス数が気になるところですよね。

その際にアクセス数を確認して、増えた、減ったと一喜一憂してしまいがちですが、結局それだけでは、PV数を確認しているだけの作業です。

数字の確認をした後には、
なぜそのようになっているのか?だったり、改善する部分がないかと考える必要があります。

結局、何か変えていかないと結果は変わらないですからね。

その際に助けとなるツールが、Googleサーチコンソールになります。

PV数の確認だけでは何も変わらないので
今の現状を確認した後は、次の一手を考え何か変えていく必要がある

Googleサーチコンソールとは?Googleアナリティクスとの違い

Googleサーチコンソールとは、名前の頭にGoogleがついている通りGoogleが提供するWebサイト解析のツールです。

Googleが提供するサイト解析のツールと言えばGoogleアナリティクスのほうが有名ですが、こちらも重要なツールなので覚えてくださいね。

Googleアナリティクスとは違うの?

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールは明確に違いがあります。

Googleアナリティクスは、自サイトに訪れた後の行動を把握ができます。
どの記事にユーザーが訪れたなどのPV数や直帰率や滞在時間わかるといった形ですね。

それと比較して、
Googleサーチコンソールは、自サイトに訪れる一歩前の行動を知るためのツールです。

ユーザーがどういう検索ワードで訪れているのか、表示回数は何回で何回クリックされているのかなどがわかるようになっています。

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクス

Googleサーチコンソールの活用の流れ

Googleサーチコンソールがどういうものかはわかったかと思います。

非常に優秀なツールなのですが導入するだけだと意味ありません。

しっかりと活用をしていきましょう。

コンテンツ製作者(ブログだったらブロガー)の基本的な活用の方法としては下記のような流れになります。

  1. Googleサーチコンソールにて検索キーワードがわかる
  2. キーワードを元にUbersuggestなどで同時検索されるキーワードを知る
  3. タイトルのリライトをする
  4. 当記事の本文リライトをする
  5. 関連新記事を書く

活用方法の基本は記事のリライトになります。

すでにアクセスがある記事になるので、修正して更にアクセスが集まるようにした方が良いですよね。

自分の記事にどのようなキーワード検索で来たかがわかるので、どのような悩みがありそうかの推測をして記事タイトルや見出しの変化を加えていきます。

実際にメインキーワードを元にUbersuggestで関連ワードを確認し記事更新

そして、今の検索ワードだけでなく、同時に検索される関連ワードも網羅できると良いですね。

同時に検索されるワードに関しては、Ubersuggestというツールが非常に優秀なので、そちらを活用してみてください。

食べ物が届くUber Eatsとは全くのべつものですよ〜

そこで得たキーワードをタイトルや記事内の見出しや文章に盛り込んでいくようにして、関連ワードでも検索結果に表示されることを狙います。

無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策
マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案。無料キーワード提案ツールUbersuggestなら、完全無料で提案数に制限なし。競合他社よりも上位表示されるコンテンツ作りのヒントが無料で取得できます。

Googleサーチコンソールの実際の導入~DNSレコード設定でつまづきやすい

それでは実際にGoogleサーチコンソールの導入についてです。

画像ありでキレイにまとめてくれているサイトがあったので、そちらを参考にしたほうが良いと思います。

※参考記事(外部記事になります。)

2019年版 Google Search Console プロパティ登録設定方法 - ブロギングライフ
これまでSearch Consoleでは、プロトコル(http または https)、サブドメイン、パス(ディレクトリ)単位でプロパティとして登録し、プロパティごとにデータを利用する形式を採用していました。2019年2月27日に、Google Webmaster 公式ブログ(英語)は、Search Consoleにおい...

特段難しいことはないのですが、DNSレコードの確認設定というところでつまずく方もいるかもしれません。

その際も上のサイトで丁寧に説明してくれているので参考にしてみてください。

私の場合は、エックスサーバーを使っていますが、下記の説明どおりで問題なく進めました。

ドメインプロパティ登録確認用 エックスサーバー DNSレコード 設定方法 - ブロギングライフ
Search Console ドメインプロパティの登録確認は、DNSレコードを使用します。エックスサーバーのDNSでのドメインプロパティ所有権確認用の設定方法、手順を紹介します。ドメインプロパティを登録すると、登録したドメインのプロトコル(httpsとhttp)やサブドメインを含めて一括してデータを見ることができます。...

もしレンタルサーバーが別の場合は、
「(サーバー名) DNSレコード Googleサーチコンソール」などで検索されると良いかと思います。

まとめ

本記事では、ブログ運営者向けに、特にまだ始めたばかりの人向けに、Googleサーチコンソールについて紹介しました。

Googleサーチコンソールを入れてもまずは検索流入がないと意味ないので、まずは最低でも30記事程度は書き上げたほうが良いかと思います。

私自身は50記事までは、リライトよりも新記事作成を優先してました。

そこからリライトや関連記事を書くことで、クリックレートがあがりアクセスが多くなったというのがあります。

この記事が同じブログ運営者の誰かに役に立てば嬉しいです!

終わり〜

※ブログ運営系の関連記事紹介

タイトルとURLをコピーしました