スマホメーカーのOPPOってどんな企業?評判は?

家電/ガジェット
Sponsored Links

どうもー。おはこんにちばんはー。
かきまる(@kakimarusan)です。

OPPOってメーカーのスマートフォンどうなんだろう?

そもそもOPPOってどんなメーカーなんだろう

上記のように、本記事ではスマートフォン選びで悩んでるような人に当てはまる記事になります。

OPPOってあまり聞いたことないなーって方、
このOPPOというメーカー、実は凄いんです。

スマートフォンのOSシェアで存在感を示すAndroid OS

現在のスマートフォンは

Appleの提供するiOSのスマートフォンと
Googleの提供するAndroid OSのスマートフォンでほぼ100%です

そして、日本ではiPhoneが今までの流れからシェアが凄いですが、
実は世界ではAndroidスマートフォンが大多数です。

これはNet Applicationsから発表された2019年1月の世界シェアです。

引用:Net Applications

Andoroidが多数派となっていることがわかるでしょう。

しかも圧倒的です。

Android OSの中で存在感を増す中国メーカーのスマートフォン

そして、Android OSのスマートフォンを提供するメーカーでは

その中でもサムスンが有名でしたが

今は凄い勢いで、

ファーウェイやOPPOやシャオミなどの中国メーカーがシェアを伸ばしています。

そしてOPPOについてですが、実は世界4位のシェアを持つメーカーなのです。

※月別によってはシャオミと順位が入れ替わるかもしれません。

OPPOがなぜスマホ業界でシェアを伸ばせたか

まずOPPOのというメーカーについてですが
2004年に創業して、2008年にスマートフォン事業をスタートさせています。

スマートフォン業界では後発です。

なのになぜ短期間で数字を伸ばせたのか。

OPPOの精神:ユーザー主義

一言で言うと、OPPOの強みは

お客様の需要を、最先端の技術力で追求する製品開発力です。

お客様の需要って何?と思われるかもしれませんが

OPPOは新製品を開発していく際に
緻密なユーザー調査を実施して、様々な要望を吸い上げます。

スマートフォンっていろいろ機能がありますが

OPPOは「カメラ・バッテリー・ディスプレイ」の3つにフォーカスしていくと決めているそうです。

OPPOは、ユーザー調査によって
お客様の需要を徹底的に調べて製品開発に活かす

OPPOのスマホはカメラ・バッテリー・ディスプレイの機能が強い

皆さんのいろいろスマートフォンを選ぶ際に何で選びますか?

ブランド?バッテリーの持ち?軽さ?大きさ?お財布機能?

いろいろありますが、
OPPOはカメラ・バッテリー・ディスプレイに力を入れています。

OPPOスマートフォンのカメラのズーム機能が凄い

なんとOPPOから発売されている

スマートフォンのReno 10x Zoomでは

画質を落とさずに10倍ズームできるカメラ機能があります。

しかも2019年に出る今度の端末では20倍ズームも出るそうです。

これまではズームすると画質が落ちるのが当たり前だったのが、
トリプルレンズによる技術を組み合わせ10倍でも高い画質を保てるようにしたそうです。

10倍ズームで画質落ちないのは凄いわ。

OPPOスマートフォンのバッテリーは35分でフル充電が完了する

バッテリーもスマートフォンでは重要な要素ですよね。

なんとOPPOのFind Xという端末では、35分でフル充電が完了します。

今はスマートフォンのスピード充電については
Appleも含めいろいろなメーカーが力を入れていますが
ここまでのスピードは現時点でなかなかありません。

急いで充電したい時があるけど、そういう時に便利だね。

OPPOスマートフォンは画面占有率93.1%とスマホ全画面を使える

ディスプレイでノッチ部分が邪魔、デザイン的にもダサい、などは
AppleのiPhoneなどでも言われていますが、

OPPOは先駆けてノッチの取り外しに挑戦。

カメラのデザインをスライド式にするなどで
スマホの画面占有率93.1%とほぼすべてを使えるようにしております。

これもお客様ニーズに
スマホ画面を全部使いたいという声があったから追求した結果のようです。

画面大きくYoutubeとか見れるじゃん!

2018年からスマートフォン日本市場に参入のOPPO

OPPOは2018年から日本市場には参入しております。

製品開発力には上でも挙げたように
非常に自信を持っており、触ってらえれば必ず使ってもらえるという自信があるようです。

そのため、まずは日本でも
OPPOの魅力を理解してもらうべく、お客様とのコミュニケーションを取っていくとのことです。

どのようなチャネル、メッセージでやっていくのか
マーケティング的な動きも注目だなと思います。

2018年から日本市場に参入したOPPOのマーケティング手法にも注目!

まとめ

OPPOという急速に大躍進しているメーカーを紹介しました。

個人的には10倍ズームカメラは凄い気になるし
バッテリー35分で急速充電はほんとに良いなと思いました。

OPPOは日本ではまだまだ名前が拡がっている段階ですが
すでに世界ではシェア4位と実績と信頼性のあるメーカーです。

コスパ良いスマートフォンを求めている方には
やはりOPPOは一つの候補になると思います。

終わり〜

タイトルとURLをコピーしました